富良野で農家る! 桃子のローカル日報
<< 家の中で | TOP | シバレの夜 >>
大豆にひたる
嵐の予報があり、いよいよ大雪かと思えば、冷たいみぞれが降っています。
まるで家ごと風と氷水に冷やされているかのよう。
どさんこ犬は、そんな陽気が寂しすぎて、眉毛を八の字にしたまままどろんでいます。

さて、豆選りのほう、徐々にすすめております。
来年の種にする豆をより終わりましたので、いよいよ大切なお客様にむけての仕事となってきました。

実は昨年の豆、内容についてたいへんにご好評を頂きまして、
たいへんに嬉しく、挑戦してよかったと心から感じることができましたので
ご注文いただきましたお客様には、心からありがたく存じております。

ただ、包装につきまして少々悩むところがあり、ここのところuydaと検討をかさねていました。
今年は袋の素材を変えて、厚いものにしようと考えております。

昨年は豆の美しさを見ていただきたくて、透明度の高い袋を選んでいたのですが
袋の脇の部分についてシーム接着がはがれてしまうというトラブルがあり、
数件のご指摘を頂いております。
ご指摘いただいた方以外のところでも、同様のトラブルがあったかもしれません。

透明度が高いということは、使われている樹脂の量も少ないのというところも魅力ではあったのですが
やはり、肝心の中身を、最低限守れないようではよろしくありません。
ですので、今年は脇に接ぎ目がなく、丈夫な袋を選んでみました。
包装材の揃ったお店に何度か通って、4つの目玉と20本の指で感触を探り、
けんけんごうごうとした数回にわたる夫婦喧嘩の末にあみだした結論です。

なお、その袋の口を閉じるにあたっては、簡単なシーラーという機械を買い
熱圧着することにしました。
とくに真空包装にするとか、酸素を断つ包装にする機能を持たせるつもりはありませんので
セロハンテープを貼るなど、電源のいらない方法で閉じたいとも思っていましたが、
これはuydaのつよい希望です。
形に託されたプロ意識なのでしょうか。

これはスマートさと、おもにメール便での輸送であることから、なるべく袋の口を折り返さずに、
できるかぎり荷姿を平たくするのに役立ちそうです。
でも少し視点を変えてみれば、たかが1片の粘着テープといえども、
生産から我が家に届くまでの過程で
多くのエネルギーを必要としていることに変わりはありません。

おおざっぱな田舎のメロン屋である私に、それらについて細かいことは何もわからないけれども、
リスクと効率のつぼが、手元にあるか、遠くにあるかの違いに過ぎないのかもしれないのです。

というわけで、今年の豆はやや厚着でお届けします。
つきましては豆の様子や、感触が、昨年に比べてやや鈍くなりますが
やはり新豆は新しいほど美味です。また、体にもよりよく働きかけてくれるようですので
どうか、お手元に着き次第、お早めに召し上がっていただけますと幸いです。

近日中に詳しいご案内をしますので、楽しみにしていらっしゃるお客様には申し訳ございませんが
今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。

なお、あまり豆選りばかりしていると目や腕などにすぐにダメージがきてしまいますので
自分自身のメンテナンスも大事です。
最近、その道のプロに何人も巡り会うことができましたので
マッサージしたり伸ばしたり、おろそかにしがちだったことを重ねるたびに調子があがってきました。

お客様も、プライベートな友人にも、そのどちらでもある方々にも感謝を込めながら、
揺すればさざ波の音がし、注げば喝采の音がする、大豆の不思議に浸る毎日です。


posted by momouyda | 21:20 | 農作業 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
pつかれさまです。大豆選りしてる姿、目に浮かびますねw


うちも大豆選りしなきゃなぁぁぁ。入院中、談話室でだいぶ選ったつもりでいたのに、家に帰ったら殻剥き前の大豆の山が私を待ってました・・・うちもがんばるぞ−。

PS お見舞いありがとうございました。25日に退院しました!
2011/12/04 07:50 by えみやま@みかさ
えみやまさん

おかえりなさい!
力仕事だけが農作業ではないですよね。
とうちゃんの代わりから、ばあちゃんの仕事まで、
いろんな意味でオールラウンドに待っているのが、我が家ですね。

まだたいせつなな養生の時期だけに、なにかとじれったいかもしれないけど、お大事になさってくださいね。
わたしは、豆が腐る作物でなくて助かってます。
2011/12/04 09:14 by momouyda
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site