富良野で農家る! 桃子のローカル日報
<< 大豆にひたる | TOP | 師走の古屋 >>
シバレの夜
外の気温が、もうすぐマイナス22℃になりそうです。
家のなかではストーブを焚くけれども、風もないのに時折ぴしぴしと家が音を立て
冷気が壁を通りこして体温をつかみにくる感じがします。
玄関の戸はびっしりとついた霜でキラキラときらめき、それは見る度に生長するものだから、
ペイズリーのようなレース模様を繰り広げながら、次第にぎらぎらとした光り方になっていきます。
地が黒っぽいだけに「蠍座の女」を歌う、美川憲一のドレスのよう。

あまりに寒いと、ダイヤモンドダストで満たされてしまう外気は
もうすぐ満月になる淡い月光を溶かし込んで、まるでコンクリートのような濃さで
厳然とそこに立っています。
敷居に溜まった水分がどう変形したのか、玄関のドアは、鍵をかけないとするすると開いてしまいます。
何もかもが、カリカリに凍りついて縮みあがり、互いに退け合っている夜です。

それなのに、流石は我が家のどさんこ犬。
昼間はソファーでとろけるようにして眠っていたのに、この夕方になって急にそわそわと外に行きたがり、
晩の食事には、ひげも眉毛も凍り付かせたまま登場したかと思うと、
腹ごしらえが済んで、人間どもの晩のおかずの味見をすませると、また外に出てゆきました。
普段、甘えたい放題に甘えているようでも、本能はやはり、寒さに何かを求めているようです。
そういえば、最近急に毛が抜けたかと思うと、一気に体毛が濃くなりました。
もうすぐ、手脚の先の毛も伸びてくることでしょう。

このアイヌ犬の脚の先の毛、いわゆる肉球の部分を、冬場は覆うようにして伸びてきます。
手脚の指の間から、はみ出すようにして伸びてくる毛が、靴下の代わりです。
そして、そこには特有の脂がたまるらしく、ほのかに赤いです。
肉球そのものも、猫のように、触って心地よいような柔らかくすべすべしたものではなくてはなくて
鮫肌のように、体毛以上ウロコ未満といった感じのごく細かい突起物で覆われています。
たかが犬とはいえど、付き合う程に不思議です。

きっと、どさんこ犬にしてみたら、この寒さにあたることでライフサイクルのどこかにスイッチが入るのでしょう。
その答えは解るかもしれず、解らないかも知れません。

さて、家の中は豆選り、そして年始の挨拶状の支度と、我が家の年中行事にまつわり
この時期はさながら受験勉強のようにして机にかじりついています。
格調たかきデスクは、専らuydaのパソコンと仕事机ですので、
私のほうは、古式ゆかしき丸いちゃぶ台および四角い小机をあっちへやったり、こっちへきたり、
隙間から忍び寄る寒さと余計な光線を避けて移動しながら、一日があっという間に飛んでゆく日々を過ごしております。
それもそのはず。冬至前だけに、3時をすぎれば夕暮れ、4時過ぎは既に暗いのです。

作業は思うようにははかどっておらす、やきもきされていらっしゃるお客様の心を察するに
申し訳が立ちません。

しかし、秋休みが終わって雪が降り、銀世界とともに我が家だけの新年はスタートを切りました。
これから春にむかう充電の手始めに、私は明日から1週間ほど、
ちょっとした営業と勉強に出かけます。

おそらく、このシバレの明けた翌朝は、木々は霧氷をまとい、あらゆるものに霜のデコレーションがかかり、
朝陽があたれば、金の紙吹雪のようなダイヤモンドダストで満たされるのです。
”紅白歌合戦で「望郷じょんから節」を金の紙吹雪のなかで歌い上げる細川たかしのシーン”に、
戸外にさえ出れば、誰もそれをが垣間みることが出来ます。
この富良野盆地という世界が「玻璃」に満たされて輝くのです。

この地でカメラの好きな方々は、プロフェッショナルもアマチュアも、
とりわけ期待に心を踊らせながら寝床に着いていることでしょう。
我が犬も、軒下で丸く小さく体をちぢめ、尻尾の先で黒い鼻を覆い隠して寒さを味わっています。
そして私もまた、明日の朝、冷え込んだ世界に出かけていこうと思います。
帰る頃には、お待たせしている大豆のご注文を開始し、順次発送いたします。

きつい低温下でしか出会えないきらめきが、多くの方々の心を暖め、
この上ないすがすがしい気分をつれてやってくるのを楽しみに、床に付く夜です。
posted by momouyda | 23:22 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
何事も勉強ですね。
机にかじりつくのではなく、外に出て行くのもすごく大事だなと思いました。
気をつけていってらっしゃーい。体調に気をつけて。

わが家も玄関キラキラしてます。
2011/12/09 07:32 by numax
ありがとうざいます。
都会は、人の集団がもつエネルギーが凄いです。まるで海のように。

答えも道筋もない勉強が好きなもので、
机にかじりつくだけでは調子の上がらない私です。

numaxさんのテーマも、またひとつ進むといいですね。
2011/12/11 08:20 by momouyda
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site