富良野で農家る! 桃子のローカル日報
<< この夏、そして来作にむけて | TOP | 赤とんぼ >>
秋の風
お盆を過ぎると朝晩涼しくなり、もう秋の風です。
日が短くなっているので、夕飯の支度をする頃は電灯が必要で
内装をわざとレトロな雰囲気にしたせいか、電球色の光りの暖かみに冬の気配すら感じてしまいます。

それにしても、このところの雨でぐっと地面が冷えた感じがし、
庭の野菜は暑さから解放されて水をもらい、急に元気をとりもどしたものもあれば
芋やタマネギは湿気った地面から病気をもらって腐れ気味です。
わが体のほうも、季節の変わり目をもろにうけて、毎日とてもだるいです。

出荷、請求、営業とメロンの峠を終えた開放感から気が緩んで、
uydaときたら来年のプロモーションに使う小玉スイカの写真を撮った後、
セッティングに使ったものをかたづけたのに
肝心のカメラを3日間外に置きっぱなしにしてしまいました。
盗難の心配は、横浜の1/200しか無い人口密度の富良野で、
しかも市街地から遠く離れてることからほぼ心配ないのですが
しかし、その3日間はじゃんじゃん降りの雨だったのです。

かわいそうなnikonD90は、カメラバッグから半身でた中途半端な状態で、
スイッチオンのまま丸太の山の上にちょこんと忘れ去られておりました。
やっとやんだ雨の中、野菜を穫りに外に出た私のふと視界に入った黒い固まりに
まさか、と思いながらスイッチを切り家に入れると、
信じたくもないような現実にuydaは血の気が引いた様子です。

まったく、私がカメラを持ち出そうものなら、素手で扱え、とか置き場がわるい、とか
必ず何かしらいくつもの牽制球を投げかけずにはいられないuydaが、このていたらく。
そんな時、すかざず頭をよぎるのはこのメロディ。

わがままは男の罪 それを許さないのは女の罪

じつに、これは恋などという非常事態でのことではなくて
なんのことはない、日常はこんなことの繰り返しなのだと知るアラフォーの日々。
メロディそのものは小学生のころから知っていて、つくづくこれは大人の世界だなと感じていたのが
とうの昔からさわやかにそう豪語している財津和夫氏は、大人のなかの大人です。

日々、私の頭でしょっちゅうこのメロディが流れるので、ハウス際の草をむしりながら
はて、これは誰のなんという曲だったかと、昨日はしばらく考えておりました。
昔から、テレビを観ずラジオの世界しか知らない私は、曲は知っていても歌手の顔を知らない芸能音痴です。

そのあたり小田和正と財津和夫、オフコースとチューリップ、みなごっちゃ混ぜ。
聞けばuydaも同じといいます。
熱烈なファンの皆様に申し訳ありませんが、2人で大声で歌っても全然答えが解らないので、
昨晩youtubeで調べてようやくすっきりいたしました。曲名は”虹とスニーカーの頃”です。

さて、カメラ。
ファインダーを覗き込んだら、半分水が入ってちゃぽんちゃぽんとゆれており
狼狽したuydaはカメラ屋さんに電話してあきれられ、諦めた方が良いというニュアンスで
ひたすら乾燥あるのみ、まれに作動することもあるけれど、それはまぐれであると冷たくあしらわれておりました。

悪あがきのつもりで、部品を皆外して窓辺に置き1週間。
遊びに来てくれた友達夫婦にも、掛ける言葉も無いという雰囲気でそれをさらしておりました。
ある朝、とうとうuydaは部品を組み上げ、試しにシャッターを切ると、
なんと我らが愛機、動くではありませんか。

ちょうど、メール以外でやり取りしているお客様に、メロン代金をお支払い頂いたお礼状を書きたいと思っていて、
その葉書にする写真が欲しかったのです。
さっそく、カメラを囲んで神妙な空気のふたりに、
どうしたものかと目で訴えているシータにモデルを頼んで、豆畑をバックに撮影いたしました。
どうやら、満面の笑みをたたえた犬に癒されたのか、われらがカメラは
雨ニモマケズ、無事私どものもとでこれからも働いてくれる気になってくれたようです。
まだ、これから障害が出るかも解りませんが、ひとまず商売道具の危機を救われました。

この調子では当然仕事がはかどる訳もなく、ハウスの中はぼちぼちと片付けております。
お隣さんは、もう屋根のビニールまで剥いでしまったのに、
若造ふたりの方は、だらしない姿をさらしております。
辛いところですが、しかしそれも己のすがたそのもの。
言い訳せず、焦らず、ひとつひとつ片付けながら現実をゆくだけです。

トンボがいっぱいの秋風に畑の枝豆が美味しく熟れてきて、穫れたてを頂く夕方の晩酌が楽しいです。
今年のuydaは6月から2ヶ月あまり、ビールを断っていたのでなおさらのこと。
明日は、これから新規就農を目指す人々に向けてのインタビューがあるので
すこしはネジを締めて、臨みたいとおもいます。
posted by momouyda | 20:02 | 雑記帳 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
プププ…
わたしもやりました。
洗濯物を干そうと洗濯機から取り出したオーバーオールからポロリと落ちたのはipod…
そのとき頭に浮かんだのが「No music, No life」でした(笑)。
もちろん干しましたよ、ええ、健在です!

お仕事お疲れ様でした。
今年の冬は楽しくなりそうですね。

2010/08/26 07:21 by numax
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site