富良野で農家る! 桃子のローカル日報
<< 野菜畑 | TOP | 木枯らし >>
上京
東京に行ってきました。
来年度のメロンを売るにあたってのご縁を探り、運がよければ商談をすすめようというわけです。

最初に行ったオーガニックEXPOでは試食のおいしい一口にたくさん出会い、
シンポジウムでは有機農業をめぐる実情についてあつい議論が交わされるのを見て
世の中の動きをほんの少しばかり感じとることができました。

オーガニックなぞまだまだ山奥の小さな流れなのかと思いきや、
いまやそうとは言い切れないところまでポテンシャルを上げてきているようにも思えます。
たとい世の中がどうであれ、自分が目指し、行く事が出来るところは限られているので
要は、それを信じて建前を作る事が出来るだけの、そのよりどころがはっきりすれば良いのだと思っています。
確信をもって仕事を進めるために、判断材料を狩りにいく感覚です。

かつてサラリーマンだった頃、営業するには、売る物にまず惚れ無ければ人に勧める事は出来ないから
まず商品を好きになれ、とよく上役が顔を真っ赤にして口からしぶきを飛ばし叫んでいたものです。
とある知り合いは、それが防弾チョッキだったのでひどく苦悩していましたけれど
そこにほとんど抵抗がないのがうちの農業の良いところです。

営業の成果ははまずまず、というところでしょうか。
まずは一番先にお願いしたかったところで、契約出来そうな運びです。
これから夏に向けて細かい打ち合わせを重ねてゆこうと思います。

そういう口実にかこつけて、たまには街の空気を取り入れて、心の換気をするのです。
四六時中移動しながら仕事をするのは、都会ならではの働き方であって
いったん会社組織や都会を離れると、移動にはとんでもなくエネルギーが必要で
いかに動きを少なく、ロスや消費を抑えに押さえて生きる事が出来るか、という根比べになってきます。

ましてや富良野盆地。
この中で一生を終えると、若い頃から決意されておられる方々のなかにあって
ルーツのはっきりしないよそ者の弱みは、ときに大きく膨らんで心を堅くするのです。

ひさびさに両親や親類、友人に会い、着せ替え人形のように表面だけが替わってばかりいる町並みをまぶしく思いつつ
人が集まるということのエネルギーをつぶさに感じてきました。

大切な用事のほかは、特に決めてかかったわけではないということと、
ふたりで移動ばかりしていれば脚代もばかにならないということで
青山から渋谷あたりをのんびりと街を彷徨っておりました。
折しもお彼岸の連休だけあって、気になるイベントもあったのですが
欲張らず脚の赴くまま、ゆったりと街歩きの気分に浸るというのもなかなか良かったです。

uydaは初めてお台場に来たといい、私は横浜のみなとみらい地区をはじめて海の方からシーバスで眺め、
お上りさんの心地を楽しくあじわうのでした。
これが5年前なら、そんな時間的に非効率な過ごし方なぞ居心地悪くて
耐えられなかっただろうと思うのです。
私自身も、世の中の空気も、いつの間にか変っているという気が、私どもにはしています。

さて、ふたたび貧乏暇なしの我が家にもどると、シータが寒さに凍えておりました。
動物達は、みな急な冷え込みに準備が足りなかったのか、動きがさかんなようで
千歳から戻るまでの夜道150kmくらいの間に、跳ねられたばかりの鹿をはじめ、
道のど真ん中にたたずんでいる熊、キツネ6頭、タヌキ1頭に出会いました。
熊さんは困った顔をして振り返ると、歌のとおりスタコラサッサと路肩に走って、
わさっと茂みに飛び込んで隠れてしまいました。
慌てて走り込む後ろ姿、ダブンダブンと揺れる腿の辺りのたるんだ毛皮が、着ぐるみのように愛らしかったです。

すでに日が暮れると気温が10℃を切るようになっているので、
私どもも初めてストーブを点けました。
もうすでに、富良野は冬に追われています。

posted by momouyda | 23:38 | 雑記帳 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site