富良野で農家る! 桃子のローカル日報
<< 雪のあと | TOP | 熱烈歓迎うえだ軒 >>
日の入り
今年最後の日の入りを拝んで来ました。

盆地の富良野は、高台のへりにある我が家の上の畑に行っても、
この午後4時前には西の山々の肩に沈んでゆきます。
お供にどさんこ犬を従えて、お決まりのレトロなスキーで牧草地を一周し、
沈みゆく太陽に合掌したら、有り難い気持ちになりました。
犬がストックをくわえてつながったまま一緒に坂を降りると、ふたり分の気持ちを味わえた心地です。
uydaは、地区の神社に年越しの準備に出かけてしまって留守なのです。

大晦日の富良野は、晴れて少し風のある一日でしたが、今は遠く北東の方に雪雲が見えます。
大雪山連峰にまるで胡椒でも振るように、雪を注ぎ込んでいるのがよく見えていました。

いま、家に入り、ベートーベンの交響曲第9番をかけています。コテコテの夕暮れです。
薪ストーブにもういちど火を入れて、いよいよ夜になりました。

今年、こうして満ち足りた気分で大晦日を迎えられたこと、
メロン・スイカや豆をお求め下さったお客様の皆様をはじめ、地域や私共に共感して下さった方々、
そして友人皆にこころより御礼申し上げます。
きたる来年におかれましても、どうかお健やかにお過ごしいただきますよう祈念申し上げます。
そして、皆様それぞれのかたちで、よろしくお付き合い頂けますと幸いです。

先日、このあたりのスキー仲間ではBOSS的な存在であり、
またひろく素敵なWEBサイトをはじめとしたグラフィックデザインや企画・監理を手がけていらっしゃる
T.パパ宅にお招き頂きました。
リヴィング中、ろうそくをたくさん灯してお迎え下さったら、
まず食卓に上ったのは、豆のサラダです。
我が大豆をベースに、金時豆やセロリ、レモン、バジルを上等なオリーブオイルで合えて下さいました。

とても美しく、穏やかな味わいのサラダでした。
他にも、T.ママの美味しいお料理と、美酒の香りに満ちた食卓に
幸せいっぱいに時間を頂いて参りました。ありがとうございました。

そして、大豆のご注文に付きましても、さっそくリピートのお客様が次々といらっしゃるもので
選別作業が完全に追い抜かれてしまいました。
在庫はまだ約半分ございますので、おせちの胃袋がすっきりした頃に
ご注文頂けますと助かります。徐々に、ご発送申し上げたいところです。

それでは、今後とも私共、ウエダオーチャードをどうぞよろしくお願い申し上げます。

posted by momouyda | 15:45 | 雑記帳 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site