富良野で農家る! 桃子のローカル日報
<< 黒の深さに | TOP | 最後の充電 >>
春のいぶき
冬が終わろうとしています。

残り少ない日々が惜しくもあり、また春らしく空気にかすかなざわめきのようなものをかんじるからか
最近はとても予定が立て込んでいて、沢山の方々にお会いする機会が多く
人付き合いの不器用な私にとって、得るものがふんだんに詰まった楽しい日々となっています。

しかしほんとうに、スキーでだだっぴろい斜面をただ落ちてゆくように2月は去ってゆこうとしていて、
詰まり過ぎたはずだった予定の手応えが、あっさりと過去に飛んで行ってしまうのです。

さて、こうして容赦なくシーズンはやってくるもので、
先日、冬の別れを惜しむつもりで姉貴分と雪山に行って参りました。
この冬は、降雪がとても少なかったので、いつもなら同じ場所でも3日経てばコンディションががらりとかわるところ
なかなか変容が訪れずに時が経つもので、あまり山に行く回数を重ねられませんでした。

晴天に恵まれたこの日は、雪質と斜面のバリエーションに富んだいつもの山ではなくて、
見晴らしのよいロケーションを選びました。

ゲストの存在は有り難くて、いつもの私共ならばさっと何気なく帰ってきてしまうであろう山々が
ゲストの喜びが加わることで、まったく違って見えてきます。
3人で思いを分かち合いながらゆっくりと進むことで、
上にも横にも後ろにもひたすら続く美しさと、山の大きさの味わいが立体的に深まるようです。

あらためて、この地に住むことができた幸運を思うのでした。

この地に住むことを決意した6年前、私とuydaが出会う架け橋になって下さったのは
美馬牛「ガイドの山小屋」さんです。
かつてここでuydaはアルバイトをしており、私は初参加の客というのが、出会いのきっかけです。

姉貴分もときどきその雪山ツアーに参加していて、5年前に私も一緒に滑ったことがありました。
ですので今回も、姉貴分の道具一式をお借りして、山に向かった訳です。

フィッティングに伺うと、ちょうど社長の三浦氏は、偶然にも我が豆を納豆に仕立てておられる最中でした。
発砲スチロールの玉手箱のなか見せて頂くと、見たこともないほど大きな粒が、
柔らかな菌層をまとって静かにボウルの中で瞑想しています。
発酵途上の納豆を一粒戴いてみると、ふっくらと濃厚な味わいと、指先にしつこい粘りが残りました。
その我が大豆を納豆に仕立てた一部始終を詳しくレポートして下さっています。

発酵には2日と、クールダウンの時間をかけるのだそうで
やはり愛情と気遣いのゆとりを求められる仕事だなと感じました。
いつも雑事に追われている働き者のかあさんよりも、こういう時間の単位が違う仕事は、
意外とご亭主の方が得手なのではないでしょうか。
ご家庭の数だけスタイルはあるとおもいますが、少なくとも、今の私にとっては何年も早いように思われました。

有り難く、お土産に戴いた一握りの納豆を、味わい、噛み締めるのみです。
癖のない、美味しい納豆でした。

そして、深山峠「まめでたっしゃ」さまや、富良野駅前「びすたあーり」さまのランチでも
和風の煮豆やトマト煮などで、お皿の脇役に参加させて頂いています。

こうして、たくさんの方の多様な手間と時間を拝借しながら、豆は人々のなかに染み込んでいき、
さまざまな元気へと変わっていっているようです。
発信した者として、心から幸せに思います。
ご縁を頂戴しました皆様、ありがとうございます。
posted by momouyda | 23:22 | 雑記帳 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site