富良野で農家る! 桃子のローカル日報
<< 夏に向けて | TOP | 青い親善大使 >>
桜の便り
わが父の誕生日とともに、夏の幕が開きました。桜が咲き出す、今年のビッグバンです。
ここでは桜が咲いたら、メロンの伸びが勢いを増して来るのです。
ここを過ぎると日中は急いた心地で飛び去ってゆくもので、桜のたよりといえば遠く500m先に、
鳥沼小学校の校庭のふちをかざる桜を、近眼乱視のいい加減な景色に辛うじて納めるのがやっとです。

そうして常夏になったハウスは、せっせと陽射しを集めてメロンをつつみ、
風がないときは、みるみるうちに音もなく濃度を増してゆく空気の密度を、
冷ややかに体を伝ってシャツの腰のあたりに落ちてゆく汗の雫の重みとリズムが
じつによく表しているものだと、冷めた頭にふと浮かび上がることもあります。
したがってあっという間に、体じゅう塩まみれ。顔から脚の裏までべたべたです。
こんな時期の私どもに減塩など無用で、今は特にみそ汁や梅干しの旨さがちがうのです。

そしてハウスの外では、タンポポがコインを散らしたように一気に咲きました。
去年の日照が極端に多かったのに加えて、このふんだんなお湿りが効いたようで
今年は見たこともないくらい黄色の濃い、力強い咲きっぷりです。

タンポポにしてみれば、きっとあのゴボウのような根っこに、ふんだんに養分を蓄えていて、
地上にそれを放つ時を、秋から春まで今か今かと待っていたのでしょう。
しかしながら、このしたたかな生き物をはびこらせていると、
年季の利いた先達からすれば、いつお叱りをうけてもおかしくない光景でもあります。
といえども、シバザクラや、白いツツジを引き立てて1つの風景を成しているところは
どうにも優しく美しいです。まったくこれだから、おのぼりさんは怪しからんと、我ながらに思います。
故にちかぢかuydaは、スコップでひとつひとつ根っこを切ってまわると申しております。

そのような暢気な仕事っぷりながらも、いつの間にか全てのメロンと、ほぼ7割方のスイカを
植え終わってしまいました。
そしてメロンの調子や、私共の手入れ、ともに今のところ上手く行っています。
最初に植えたメロンは、もう花が咲いて、みつばちの力を借りながら実を作りはじめるところに来ました。

晴れた今日は、みつばちがせっせと飛び回り、花から花へと働いてくれています。
そのお陰で、夕方日が落ちて暗くなる頃まで、あわれ巣箱の入り口が帰宅ラッシュに見舞われました。
巣箱に帰ろうとしている蜂が、団子のように固まっているのです。
そう言えば、「ラッシュ」というのは本来、このごろのメロンのように
一気に植物の伸びが盛んになることを言うそうです。
もじゃもじゃと黒い働き蜂のたかる光景をさすのではなく、メロンのほうに使うのが正解なのでした。

ラッシュであり、ビッグバンであり、折しも満月が同じ時期に重なって
今年のプロローグは、なかなかにダイナミックです。
私はつい、土をけちって小さな鉢にひまわりの種を撒いてしまい、
それを少し大きめの鉢にを植え替えるのに追われてしまいました。
選りすぐりの、パンパンに張った勢いのよい種であることをすっかり忘れていたので、
満月の時期に独特な、芽の出るあまりの勢いに圧倒されてしまったのです。

器を大きくしておかないと、根っこがすぐに伸びしろを失ってしまいます。
それは私共もまた然り。しっかりとこの地に立ち、根ざすには、
メロンの結果で応えていくしかありません。
どうか、美味しく、美しいものができますように。
明日も、ビニールハウスという試験管のなかで、ごく細かく働いてるのであろう
ゾウリムシのような私どもです。
posted by momouyda | 22:55 | 雑記帳 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site