富良野で農家る! 桃子のローカル日報
<< ない便りのご報告 | TOP | 小さな願い >>
店じまい
ご無沙汰致しております。
お盆が過ぎ、帰省ラッシュが収まって来て、富良野は雨ばかり降っています。
これで、夏はおしまい。
富良野の短い暑さの日々は、メロンとともに去って行きます。

おかげさまで、今年のメロンは昨日で穫り終えてしまいました。
昨年は8月8日の立秋に、すべてのメロンを穫らざるを得なかったことを辛く思い起こすと
今年は最後のひとつぶまで、きちんと見おくりながら世に送り出す事が出来たことに
有り難く、また充実した思いです。

発送の際はできるかぎりの注意を払っておりますが、もしも長らくご注文の品をお待ちになっていたり、
お申し出になっていない手違い等ありましたら、
私共まで、すぐにご連絡下さいますようお願い申し上げます。
なお、請求書につきましては、お待たせしつつも順次お送り致しております。悪しからずご了承くださいませ。

TEL 090-9432-0480
e-mail sato@uyda.net

さて、巷では今なお増え続ける農家直販サイト、そしてフラノマルシェの実店舗におきましても
どう考えても異端児な我が家のメロンを選びいただき、
お買い上げ下さった皆様に心より御礼申し上げます。

そして、そのお客様の数の多さに、私共が驚いております。
お買い上げの背景には、それぞれお客様の数だけの道筋があっての事と思いますが
こんなにも、お客様から同調のエネルギーをいただけるとは思ってもおらず
ラジオでいうなら、ちょっとスピーカーがびりびり震えて音が割れそうなくらいです。
今後、すこしずつ私共の懐をひろげ、丈夫にしてゆきたいものです。
どうか、今後とも私共のメロンを、よい形でお目にかけられますようにと願っております。

それには、栽培技術を確かにすることや、作付けをもう少し増やす事にとどまらず
その売り方についても、工夫が必要です。
いまだ試みははじまったばかりなもので、私共の意欲に対して、経験がたりません。

さて、今年もやはり、発送にまつわる事務処理作業が芳しくありませんんでした。
そのどさくさの向こう、この机上には、発送したラベルの控えを挿して積み上げるスタンドをおいています。
みるみるうちに高さを増してきたこのラベルの束は、今や12cmくらいある串の8割強の高さになりました。
uydaがどうしても置きたいといって据えたものの、これを見て仕事の成果を感じ、
わたしも釣られて、こっそり心の励みにしておりました。

メロン達はあっという間に旅立ってしまうので、いったいどれほど世に出たのかという
実感がなく、
発送にふさわしいメロンがどっと穫れたときは、ただ日々収穫の勢いに押されるようにして、
どうにか物を送り出し、流れを作るだけで精一杯であったもので
ただ1つリアルに労働の成果が読めるのが、このラベルの束だったのです。
事務処理の合間に、根気を使い果たしそうになるところを、いつも救われました。
来年は、この要領の悪い発送作業を整理し、より正確で無理のない状態にしたいと考えております。

こうして、ご注文分の発送がほとんど終わったところで、
ギフトに漏れたメロン達にひとつひとつタグを付けてフラノマルシェに運び込み、バラ売りをしてみました。
それらはいつもなら、8kg入りの大きな箱に機械的に詰めて、市場買い取り価格で引き取られていくはずのものを、
急遽新たな手間と好奇心をかけてチャネルを作り、世におくり出してしてみようというものです。

上司は思いつきで物をいう。

決して上司とは思いたくもないuydaの思いつきにも、美味しいメロンにもおなじように鮮度があるので、乗り遅れてはいけないから、なにはともあれスピードが大事に思えます。
それができたのも、運良く今年のメロンの寿命が長くて、私共に時間の融通の利くところまで
保ってくれたからです。

売り場ではさまざまなお客様との会話を経て、ひとつひとつ手渡しをすることで
作り手とお店とお客様とのあいだに心地よい一体感が醸し出されることに、uydaともども、強く手応えをおぼえました。

こうしてフラノマルシェHogarに訪れて下さったお客様はもちろんのこと、
このような場を設けて戴き、新米の私共に機会を与えて下さった関係者の皆様に
こころより御礼申し上げます。
ありがとうございました。

そして、ひきつづきフラノマルシェ内フラノカフェにおきましては、
今しばらくメロンスムージーを味わうことができます。
機会のある方は、お早めに夏色の一杯をお召し上がり下さい。

このあたりの子供達は新学期が始まりました。
ひんやりした風が吹くようになり、富良野は、もう秋です。

posted by momouyda | 07:57 | 雑記帳 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
あのメロン達がみんな旅立ったんですね。
お疲れ様でした。シータもおつかれさま〜。
HPのトップの写真を見ると、そう言ってしまいたくなります。
積み上げるスタンドで成果が見えるっていいですね。
富良野はもう秋かぁ〜大阪はまだまだ夏です。
2011/08/19 23:32 by まゆ
まゆさん、大阪はまだまだ暑いのでしょうね。

あの最後のメロンは、ゆかいな大阪もんの男性が3つまとめてお買い上げ下さいました。
これで今年の仕事はおしまい、と言ったら
「人間、駄目になりまっせ〜」
と返されたuydaでございます。
そもそも駄目から出発していますので、ご心配には及ばないのですが何だか嬉しかったです。

こちらは、まるで角をまがるように季節が変ります。
地元では、なんでも大きくはっきりしていないと気が済まない方が多いように感じるのも、
そんな環境のせいかも知れませんね。
シータは、あいかわらず静かにそばにいます。
穏やかに待っていてくれる辛抱強さも、これまたどさんこならではの
気質のようで、落ち着きのない私にはとても有り難いです。

まゆさんにも、さわやかな秋がきますように。



2011/08/20 08:35 by momouyda
ありがとうございます。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる通り、秋が待ち遠しいです。

シータは愛されて、ほんと幸せですね。
ももちゃんも、のんびりと秋を楽しんでくださいね。
2011/08/23 01:41 by まゆ
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site