富良野で農家る! 桃子のローカル日報
<< 小さな願い | TOP | くさい仲 >>
北国の真っ赤な秋
あちこちに洪水の爪痕をのこして台風が去って行ったら、uydaが風邪を引いてしまいました。
雨に当たって、冷えたのです。
さすがに体力気力ともに萎えているときだけあって、布団がぐっしょりになるほどの高熱ののち
ついには手と脚の裏と顔が発疹だらけになるという有様。

本人生まれて以来の大病とのことで病院にいってみれば、なんと「手足口病」との診断です。
あまりにストレートすぎる病名と、45歳にして幼児のかかる病気をはじめて味わうという
いかにもuydaらしい展開に、気の毒ながらもおかしくてなりませんでした。
赤や白のぶつぶつでパンパンに腫れ上がった脚の裏を冷やしてくれとうめく怪獣は、
氷嚢をおさえるレッグウオーマーを履かせるにも、口ゴムがあたった痛みで雄叫びをあげ
それはそれはうるそうございました。

まったく、子供ならばかわいいだろうものの、もともと水虫でごつごつごわごわしている脚は
ウイルスにやられっぱなしで、まったくみられたものではありません。
発病から1週間がたち、いまやっと、不気味なる白い膨れた発疹が引いて赤いものだけが残り、歩けるようになりました。
完治までには、まだ時間がかかりそうです。

ちょうど庭先では、ひっそりとテーブルビートが膨らんでいて
ろくに進まない仕事の合間に、太ったものをすこし抜いてきて、じっくり小一時間茹でてみました。
とにかく赤いです。
いったいどうして、この砂じみた素っ気ない地面から、こんな色がうまれるものなのか。
食べる輸血といわれるだけあって、ほんとうに煮汁が深く、濃い緋色になります。
すこし青にかたむいたこの赤さは、食べ物の既成概念から飛び出していて、
私だけでなくきっと梅干しも赤ワインもどぎまぎしてしまうことでしょう。

いつか異国の朝食で、おそるおそる一切れいただいた事があるだけで、
かれこれ16年振りくらいにその実物にふれることとなった私は
つるりと剥ける皮の感覚や、服に煮汁を飛ばさぬようにというスリルを存分に味わいました。

味は、というと、ほのかに甘みと渋みがあって、舌触りは蒸した里芋のような滑らかさです。
ほんの少しの塩と、オリーブオイルと酢を掛けてシンプルにいただいたのち
のこりはスープの具にしました。

スープはにんにくや、穫れたてのジャガイモ、タマネギ、トマトを弱火でじっくりソテーして
ローリエとともにいつもの野菜だしをそそいだのち、茹でたビートのぶつ切り加えて塩、胡椒を少々。
uydaには茹でたソーセージを添えて、我が家流のボルシチができました。北国の秋です。

ビートをスープにいれるとなにもかもが赤紫色になるので、
やはり視覚的に慣れないと、味覚が追いやられてしまうようで
ストレートにおいしさと結びつくまでには、繰り返しが必要かも知れません。

食べてみたくて、作ってみたくて料理した本人はまだしも
突然出されたuydaの心境を察するに、たまったものではないでしょう。
病気に効いたかどうか定かではありませんが、このみるからに栄養のありそうな様子に、
最初の一皿くらいは付き合ってくれました。

このテーブルビート、まだこの後も穫れそうですので、あらたな食べ方を模索したいと思います。
一家の台所をまかなう者は、家族にとってのお医者さんでもあるのだと、
中国北部、黒竜江省出身の女医さんは、薬膳レシピの本のなかでそう仰っています。
富良野もまた、黒竜江省とおなじくらいの緯度、大陸のような気候ですので
こんどはこちらからヒントをいただいてみようか、と思っています。

今得られる知恵にはじまり、やりたいこと、実践するきっかけは無限にあり
それを追いかけ身につける楽しさに、田舎暮らしの醍醐味があります。
私にとっては、リアルでスリリングな毎日です。
この尊い秋冬の時間が好きなので、じっくり味わいたいものです。
posted by momouyda | 00:56 | 雑記帳 | comments(3) | trackbacks(0) |
コメント
今年は手足口病が大流行してるらしいですが
大人でもかかるんですね。ひどそう・・・お大事になさってくださいね。
大阪でもやっと秋を感じるようになりました。
今晩は虫の音とともに満月を楽しんでます。
2011/09/12 23:37 by まゆ
手足口病ですかぁぁぁ。日本のどこかで大流行してるって噂を聞きましたが、まさか富良野で!しかもuydaさん!!不謹慎にも笑ってしまいましたが、お大事に!

テーブルビート、あの赤がねぇ・・・はっきり言って食欲無くしますよね・・・美味しく料理できたらレシピ教えて下さいっ。そしたらうちの庭先でも作ります(笑)
2011/09/13 06:47 by えみやま@三笠
まゆさん
とうとう大阪も秋らしくなりましたか。いい季節ですね。
富良野はもう、肌さむいです。
体も気分も干上がってしまったようなので、
貪欲に美味しいものを頂いて、すこしずつ取り戻そうと思います。

えみやまさん
そうですそうです。先週はわが家がホットスポットでした。
雄叫びザウルスの様子、えみやまさんならすぐにご想像がつくのでは?
せいぜい楽しんでやって下さいね。ビート色の血反吐なんかをトッピングして・・・
では夢でお会いしましょう?!よい子のみなさん、おやすみなさい♪
2011/09/13 22:25 by momouyda
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Search this site